探偵になりたい」と考えた時、いくつかのルートがある為、どういった方法があるのか、それぞれのお勧め度も合わせて解説いたします。

探偵社に入社する

一番多くの方が選び、お勧め度としても高いのが【探偵社に入社する】方法です。

給料を貰いながら知識や技術を学べますし、探偵社側としても自分の探偵社の人間として育てる為、探偵学校よりも熱心に深い部分を教えてくれます

また、探偵業というのは業務内容が特殊である為、職業として合う人合わない人がはっきり別れるのでそれを試す意味でもまずは社員調査員として探偵業に触れてみる事をお勧めします。

探偵社に入社するには、ネットで探偵社を検索して調査員を募集しているところを探してもいいですし、ハローワークや求人雑誌に募集を出している探偵社もあります。

フランチャイズ加盟

フランチャイズ加盟の際には研修を行う為、素人からでも探偵として独立開業する事ができます。

会社員として働きたくない方自分で開業してみたい副業としてまずはやってみたいという方に最もお勧めする方法です。

デメリットとしては加盟金や研修費がかかる事、またフランチャイズ本部には当たり外れがあり、外れのフランチャイズを選んで加盟してしまうと研修をしっかり受けられなかったり集客方法をしっかり教えてくれなかったりするという点です。

探偵学校で学んで独立開業

知識や技術が学べる探偵学校は全国各所にあり、そこで学んでから独立開業、またはその探偵学校の系列に入社するという方法もありますがお勧め度は低いです。

というのも、探偵学校はあくまで基本的な知識とほぼ実習で授業が構成されている為、それだけでは独立開業するには不充分である事、また、探偵業界というのは採用倍率が低いので探偵学校を経由しなくても入社できる探偵社は数多く存在する為、わざわざお金を出して入社する意味はないからです。

探偵学校」の意義がない訳ではなく、「探偵学校」というのは探偵業を生業としたい方が通うものではなく、「習い事教室」のような趣味や興味本位で通うものだという感覚で考えてください。

独学で独立

探偵業は特に開業の際に資格などがない為、探偵業法に基づく欠格事由に該当しなければ誰でも開業する事ができます。

その為、全くの素人が独学や思い付きで独立開業する事もできてしまうのですが絶対にやめてください

探偵の業務内容には法律を知っていないと知らず知らずの内に違法行為に該当する事もありますし、探偵を利用しようとする人の中には悪意を持った目的の方もいる為、探偵業は正しい知識で運営しなければいけません。

また、中途半端な知識や技術で素人探偵が運営する探偵社に依頼した方のご迷惑にもなります。

探偵社を信頼してお金を払って依頼する相談者様の願いに答え頼れる存在には独学では到底なり得ません

結論

探偵になるには色々なルートがありますが、一番王道なのが探偵社の社員調査員になる事です。

将来的に独立を考えているにせよ、まずは社員調査員として知識と経験を積みながらお金を貯めて独立するのが一番堅実です。

その過程をショートカットしたい方や、経験を積んだ上で独立する際にはフランチャイズ加盟で集客力やネットワークを利用するというのが一番賢い選択です。