探偵業に限った話ではありませんが、フランチャイズの毎月のロイヤリティの料金設定には

「月額固定費」「売り上げの○%」の2パターンあります。

特に注意が必要なのが毎月のロイヤリティが月額固定費のみの場合です。

月額固定は一側面だけから見るとフランチャイズ加盟店は固定費だけを支払えばいいので利益を伸ばせばそれがそのまま残るので加盟店に優しいと見えるかもしれません。

しかし、月額固定ということは逆にいえばフランチャイズ加盟店の収益がどれだけプラスだろうとマイナスだろうとフランチャイズ本部には関係ないということです。

本来フランチャイズシステムは加盟店には稼いでもらい、稼ぐためのノウハウやサポートを提供する代わりに対価をもらってお互いに稼いでいこうというのが本質です。

そう考えれば加盟店を儲けさせようとしているフランチャイズ本部が加盟店の売り上げが上がろうと下がろうと影響を受けないというのはおかしな話だというのがわかると思います。

もちろん応援の気持ちという面もありますが、ビジネスである以上フランチャイズ本部としてはフランチャイズ加盟店の売り上げが上がれば本部の収益も上がるからこそ全力でサポート体制を作ろうという事になりますし、収益があがるからこそこに労力や時間をかけられるようになります。

フランチャイズ開業後に本気でしっかりとサポートしていこうと思っているフランチャイズ本部は○%のロイヤリティを設定していなければ理屈に合わないのです。

ロイヤリティを固定費のみで設定しているところは「加盟金目当てで開業後のサポートに時間や労力を費やすつもりがない本部」の可能性もありますのでご注意ください。

また、ロイヤリティが%で設定されているところであっても、探偵業の集客は広告費が必要不可欠なので「売り上げから○%」という設定のところではロイヤリティで大きく利益が削られてしまいます。

ここからは当探偵フランチャイズグループに関してなので興味のある方のみお読み下さい。

当探偵フランチャイズグループは開業後の為に資金を使っていただきたいという思いから加盟金は研修費もあわせて100万円と低めに設定しています。

ロイヤリティは月額固定で3万円と利益から5%と固定設定と%を合わせたかたちをとっており、どの様な売り上げ状況の加盟店様にもある程度の公平性が保たれると共に全力でサポートしていく為に固定費と%のブレンド設定にしています。

また%に関しては「売上」からではなく人件費や宣伝費などを売り上げから差し引いた「粗利」からに設定しているので、売り上げを上げているのにロイヤリティによって大きく利益が削られる事がありません。

また、当初は上記の理由からロイヤリティプランは1つだけでしたが、加盟希望者様から「まずは副業としてゆっくり始めていきたい」「毎月固定ロイヤリティが発生するのは不安」というお声もいただいた為、当グループでは売り上げが0円だった場合はロイヤリティも発生しないプランとして【売り上げから10%プラン】も追加でご用意いたしました。

ロイヤリティプランは一年毎に加盟謝様が選択できますので、ビジネススタイルに合わせたロイヤリティプランをお選びいただければと思います。

当フランチャイズグループは加盟金やロイヤリティからフランチャイズグループ全体の認知を高めるための広告宣伝費を捻出していくので【加盟店の収益があがる】→【ロイヤリティが増える】→【フランチャイズグループの強化】→【加盟店の収益があがる】という相乗効果が期待できます。

サポートがしっかりしていて利益も伸ばしやすい探偵フランチャイズ募集をお探しの方はぜひ当探偵フランチャイズグループをご検討ください。